外人みたいな風俗嬢

あれこそ、風俗嬢の鑑です

あの子こそ、風俗嬢の鑑と言っても決して過言ではないですね。それは彼女の献身的な姿勢です。彼女はホームページでもおっとりとした風俗嬢だなって思ったんですよ。こういったタイプは献身的な子が多いというのが持論なので、彼女を見てすぐに指名したんです。こういった時の自分は、なかなか決断力があるタイプなんですよね(笑)そしてその直感は見事に的中。とっても献身的なのはもちろんですけど、とっても優しい雰囲気を持っている子でもあったんですよね。それだけでも嬉しいというか、その時間が文字通り「特別」なものになったかなって。サービスを受けている時間ではなくて、濃密な二人きりの時間を満喫することが出来たんじゃないかなって思っています。あれはきっとこちらの努力だけでは得られない時間です。相手の風俗嬢が献身的な意識を持っていなければ楽しめないことだと思うので、あれだけのことを楽しめたのはそれはそれで良かったかなって。

感謝の気持ちですよ

感謝の気持ちを持つこと。これが風俗のモットーでもあるんですよ。もちろんすべての風俗嬢が自分好みの風俗嬢とは言いません。でも、そこで露骨に不愉快な気持ちになってしまったり、不機嫌になってしまったところで良いものは芽生えません。そんな気持ちを抑えて、相手に感謝の気持ちを忘れず、どうやって楽しむのかを前向きに考えた方が結局は楽しい時間になるんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗ではまずは女の子への感謝の気持ちを忘れないことです。若い女の子だと、こちらから感謝の言葉を発するのも良いでしょう。相手に「いい人」だと思わせれば、それだけで相手も頑張ってくれますので実際に感謝しているのかどうかを抜きにして、より良い風俗の時間を楽しむためには結構良い手段だったりするんですよね。これによって、自分でもいろいろな手法で楽しませてもらえていたりするので、何気に結構重要な部分と言っても過言ではないんじゃないかなって。