外人みたいな風俗嬢

モットーを発揮して楽しめました

風俗のモットーは女の子を気持ち良くさせることです。もっと厳密に言えば、女の子の感じている表情を見るのが好きなので、風俗で遊ぶ時には美人かどうかよりも、「この子の感じている表情を見てみたい」と思えるかどうかなんです。普段は物凄く美人とか可愛い子でも、感じている時には別の顔になるじゃないですか。それを見るのが溜まらないんですよね。しかも感じている時って、表情はもちろんですけど、女の子によって微妙にリアクションも変わってくるじゃないですか。急に腰がヒクついたり、足をソワソワさせたり。そういったリアルな反応を楽しみたい部分もあるので、風俗では自分がどういった形で楽しめるのかという点を重視していますね。だからホームページを見ていても、妄想前回です。この子を攻めたらどんなリアクションをしてくれるんだろうって思いながらいろいろなホームページをチェックしている自分がいるんですけど、その妄想もまた、楽しいんですよね(笑)

風俗なら出来る。そんな気がする

セフレはいますけど、でもやっぱりセフレ相手にだって出来ないこともあるんですよね(苦笑)だからこそ風俗の存在が本当にありがたいものなんですよ。だって普通に考えたら風俗が無かったら、自分の秘めたる性癖なんて発揮する場所がないじゃないですか。だからこそ、時には風俗でセフレとも出来ないようなプレイをするのが好きなんですよね。例えば性感マッサージでずっと攻めてもらうとか(笑)いくらなんでもセフレ相手にずっと攻めてもらって、そしてこっちから一切攻めることなく口だけでイカせてくれなんて言えないですけど、性感マッサージならそれが当たり前なので、こっちが申し訳なく思うこともないですし、それが当たり前のサービスとして楽しめるじゃないですか。だからこそ、風俗の存在はとってもありがたいんです。これはもちろん性感マッサージだけの話じゃなくて、いろいろなものが楽しめるので、それだけでも自分にとってはありがたいんですよね。