外人みたいな風俗嬢

若手が好きなんですよね

好みのタイプと言われてもピンと来ないんですけど、敢えて挙げるなら「若手風俗嬢」でしょうか(笑)年齢じゃなくてキャリア的な意味での「若手風俗嬢」ですね。若手の方がまだまだ慣れていないのもあって、遊んでいて初々しさがあるんですよね。フレッシュ感というか、慣れている風俗嬢だと裸になるのもそうですけど、その他の部分でも別に普通というか、それこそ下着を脱ぐのをためらうようなベテラン風俗嬢なんていないでしょうね。でも新人だと、まだまだそこに抵抗感があったりとか、いろいろな気持ちになる子が多いんですけど、それが楽しいんですよ(笑)シャワーの時でも自分の乳首を隠していたり。ベテラン風俗嬢ではそういったことを見かけるケースはまずなくなるというか、そうそうないと思うんですけど、新人だとそういったことまで楽しめちゃったりするんですよね。それこそ、新人だからこその楽しさだと思うので、自分なりにいろいろと楽しませてもらっていますけどね。

感謝の気持ちですよ

感謝の気持ちを持つこと。これが風俗のモットーでもあるんですよ。もちろんすべての風俗嬢が自分好みの風俗嬢とは言いません。でも、そこで露骨に不愉快な気持ちになってしまったり、不機嫌になってしまったところで良いものは芽生えません。そんな気持ちを抑えて、相手に感謝の気持ちを忘れず、どうやって楽しむのかを前向きに考えた方が結局は楽しい時間になるんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗ではまずは女の子への感謝の気持ちを忘れないことです。若い女の子だと、こちらから感謝の言葉を発するのも良いでしょう。相手に「いい人」だと思わせれば、それだけで相手も頑張ってくれますので実際に感謝しているのかどうかを抜きにして、より良い風俗の時間を楽しむためには結構良い手段だったりするんですよね。これによって、自分でもいろいろな手法で楽しませてもらえていたりするので、何気に結構重要な部分と言っても過言ではないんじゃないかなって。